ターボエンジンモデルが増えてきた

燃費向上のために排除され続けてきたターボエンジンがここのところ増えてきました。
ターボエンジンはターボチャージャーによって強制的にたくさんの空気とたくさんの燃料をシリンダー内に押し込むことで排気量以上の大パワーを出すことができるとして、パワーを求めるモデルに好んで使われてきました。
しかし、たくさんの燃料を燃やしてパワーを引きひだそうとするため、その分燃料消費が激しくなり燃費が悪くなってしまうのです。
こういったデメリットがあるため、燃費で商売をする国産自動車メーカーにはNAエンジンばかりとなってしまったのです。
しかし、ここのところ少しずつターボエンジンモデルで始めてきました。
それがダウンサイジングターボです。Continue Reading ‘ターボエンジンモデルが増えてきた’

人気の軽自動車!車種選びで迷ったら使用用途で絞り込もう!

最近になってめきめきと人気をあげてきた軽自動車ですが、ではどの軽自動車が良いのかと言われると車種も多いですしよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
まず軽自動車の種類ですが、セダンタイプ、ワゴンタイプ、ハイトワゴンタイプの大きく3種類に分けられます。

セダンタイプというとスズキのアルトやダイハツのミライースなど、室内はそこまで広くないですが抜群に燃費が良く、車重が軽いため走行性能が良いのが特徴です。
ワゴンタイプはスズキのワゴンRやダイハツのムーヴなど軽自動車では主流のタイプです。このタイプの車は室内空間を広めにとってあり且つセダンタイプの車種まではいかないものの燃費もそれなりに良いという特徴があります。
そしてハイトワゴンタイプ。ダイハツのタントやホンダのN-BOXなど車高が高く室内空間がとても広くとってあり、後部のドアがスライドタイプになっているのが特徴です。軽自動車とは思えないほどゆったりとした室内空間と引き換えに他のタイプの軽自動車に比べると燃費が劣るという欠点があります。
この3タイプを理解した上で、目的に合わせて車種を絞り込んでいくと良いでしょう。Continue Reading ‘人気の軽自動車!車種選びで迷ったら使用用途で絞り込もう!’

ランエボがだめならミラージュ

最近、アウトランダーやeKシリーズで少しは元気になってきた三菱ですが、ランサーエボリューションの次期モデル開発の中止の発表があったことによって三菱のスポーツモデルの開発が止まったことになりました。
せっかくライバルであるスバルがWRX STIの新型モデルを出したのに非常に持ったないことになってしまいました。
もともとランサーエボリューションシリーズは世界ラリー選手権で戦うために生まれてきた車なのに活躍の場を失い、世界レベルでのラリーシーンに登場することが少なくなってしまいました。
しかし、三菱は諦めていません。Continue Reading ‘ランエボがだめならミラージュ’

リセールバリューの高いオフロードマシン

世界を見ても日本ほど道路の舗装が進んでいる国はないでしょう。
逆に未舗装路を探すのが大変なくらいなのですが、そういった日本でありながらもオフロードマシンという悪路を走るために作られた車が以外のも売れているのには驚きます。Continue Reading ‘リセールバリューの高いオフロードマシン’

日本人と感覚が違うドイツ車

BMWやメルセデスベンツ、アウディなどのラグジュアリー系4ドアセダンに初めて乗った方がよく言うのが、ドイツの車は乗り心地が悪いということ、確かに国産車の同じような4ドアセダンと比べるとかなり固いというか、細かい路面のあれまでも拾ってしまうという足回りになっています。

これは何もドイツの道路がきれいだからとか、スポーツカーのまねをしているとかいうのではなく、200km/hオーバーが当たり前のアウトバーンという高速道路網がヨーロッパにあるからで、その速度域において安定して走行性能を発揮させるためにそういったつくりになっているのです。
とかく乗り心地が悪い原因として、足回りのショックアブソーバーやスプリングが硬いとかシートが硬いとか言われることが多く、確かに比較してみるとどちらも国産車より硬めのセッティングとなっているのですが、実はそれ以上に大きな原因となっているのでボディの作りが国産車とは全く違うのです。
構造的には同じなのですが、ボディの剛性が全く違い、それによって全く同じ足回りやシートを持っていても、乗り心地が悪く感じるのです。Continue Reading ‘日本人と感覚が違うドイツ車’

レンタカーの自動車保険

レンタカーを利用するとき、店員さんに色々な保険を勧められます。
親戚とレンタカーでドライブに行くとき、その人はだいたい勧められるままに保険に加入しています。
その人がペーパードライバーなのもあるんですけど、保険に入っておかないと事故を起こした時に自己負担がかかってしまうそうです。
いつも行くトヨタレンタカーは、人相手に事故起こした時の「対人保障」では無制限に補償金が支払われます。
ただ、何かにぶつかってしまった時などの「対物保障」や、車が故障した時の「車両保障」では自己負担がかかります。
だいたい5万円から10万円くらいは保障されない範囲です。

それ以上の賠償金や修理費は無制限に保障されますが、やっぱり自己負担は少し大きいかなって思います。
けがの治療費などは3000万円までなら支払われます。
これは、よほど大手術をして長期入院みたいなケースでない限り足りるとおもます。
でも、万が一限度額を超えてしまった場合は、やはり自己負担になります。Continue Reading ‘レンタカーの自動車保険’

ロードサービスがあればJAFはいらない?

路上で故障などのトラブルが起こった時に頼りになるのが自動車保険の付帯サービスであるロードサービスですが、自動車保険がそういったことを始める前まではロードサービスというとJAFのロードサービスでした。
JAFは日本において自動車に関するいろいろなことを行うほか、ドライバーを守るために作られた団体なのですが、一方では日本で最大のモータースポーツを取り仕切る団体でもあり、日本における公式のモータースポーツは、全てこのJAFの管理下にあります。
JAFは会員制で、基本的に年会費を払っている人向けに無料のロードサービスを行っていますが、非会員でも有償でロードサービスを行っています。
しかし、自動車保険にもロードサービスがあるので、JAFに入っているのは無駄かというとそうではありません。Continue Reading ‘ロードサービスがあればJAFはいらない?’

トヨタグループの未来予想図

トヨタは日本の中で一番利益を上げている自動車メーカーですが、このような大きな企業になるまでにはいろいろなことが行われてきました。その流れを考えれば、トヨタのこれからがわかるというものです。
トヨタグループは1998年にダイハツを子会社としました。このことは日本の自動車界のとって非常に大きな出来事となったのですが、一部の人間にはそのことを予測できていたそうです。
それは1967年に行われたトヨタとダイハツの業務提携でそのあたりからかなりトヨタとダイハツの距離が縮まっていったそうです。Continue Reading ‘トヨタグループの未来予想図’