日本人と感覚が違うドイツ車

BMWやメルセデスベンツ、アウディなどのラグジュアリー系4ドアセダンに初めて乗った方がよく言うのが、ドイツの車は乗り心地が悪いということ、確かに国産車の同じような4ドアセダンと比べるとかなり固いというか、細かい路面のあれまでも拾ってしまうという足回りになっています。

これは何もドイツの道路がきれいだからとか、スポーツカーのまねをしているとかいうのではなく、200km/hオーバーが当たり前のアウトバーンという高速道路網がヨーロッパにあるからで、その速度域において安定して走行性能を発揮させるためにそういったつくりになっているのです。
とかく乗り心地が悪い原因として、足回りのショックアブソーバーやスプリングが硬いとかシートが硬いとか言われることが多く、確かに比較してみるとどちらも国産車より硬めのセッティングとなっているのですが、実はそれ以上に大きな原因となっているのでボディの作りが国産車とは全く違うのです。
構造的には同じなのですが、ボディの剛性が全く違い、それによって全く同じ足回りやシートを持っていても、乗り心地が悪く感じるのです。

特にトヨタの車と比べるとはっきりわかります。
トヨタはコスト削減や日本人が大好きな柔らかい乗り心地を作るためにボディ剛税をわざと低くして、ボディ全体が衝撃を吸収するサスペンションの1つとして見ているのです。
これによって乗り心地は良くなりますが、高速域での動きに対応することができず、ふらふらしたり直進安定性が悪くなったりするのです。
安心して運転できる車を作るドイツと乗り心地を追及する日本の違いがここに大きく出ているのです。

アメ車 買取