リセールバリューの高いオフロードマシン

世界を見ても日本ほど道路の舗装が進んでいる国はないでしょう。
逆に未舗装路を探すのが大変なくらいなのですが、そういった日本でありながらもオフロードマシンという悪路を走るために作られた車が以外のも売れているのには驚きます。

国産車において純粋なオフロードマシンとして作られているのはトヨタのランドクルーザーとスズキにジムニーというたった2種類の車でしかないのですが、どちらもかなりの人気となっており、買取店での買取金額や中古車販売店での販売価格もかなり高いものとなっています。
舗装が整っている日本においてこのような車の性能を発揮することが出来る場所というものかなり限られており、それこそスキーやスノーボードなどのいくときの雪道を走る時や降雪地帯に住んでいる人のための車として使われるぐらいしか使い道がないのです。
ただ、これはスポーツモデルと同じです。
300psも400psもある車が最高速度100km/hの日本の国道であまり必要性がないのと同じだと思います。
性能をフルに発揮できなくても余裕のある性能というものが人の心をひきつけるのです。
それによってランドクルーザーやジムニーなどの人気が高まっているのです。
どちらも中古車市場でも大人気で買取店での買取金額も他の同年式の車と比べても雲泥の差となっています。
オフロードマシンもかなりリセールバリューの高い車ということが言えるでしょう。

車 高価買取