レンタカーの自動車保険

レンタカーを利用するとき、店員さんに色々な保険を勧められます。
親戚とレンタカーでドライブに行くとき、その人はだいたい勧められるままに保険に加入しています。
その人がペーパードライバーなのもあるんですけど、保険に入っておかないと事故を起こした時に自己負担がかかってしまうそうです。
いつも行くトヨタレンタカーは、人相手に事故起こした時の「対人保障」では無制限に補償金が支払われます。
ただ、何かにぶつかってしまった時などの「対物保障」や、車が故障した時の「車両保障」では自己負担がかかります。
だいたい5万円から10万円くらいは保障されない範囲です。

それ以上の賠償金や修理費は無制限に保障されますが、やっぱり自己負担は少し大きいかなって思います。
けがの治療費などは3000万円までなら支払われます。
これは、よほど大手術をして長期入院みたいなケースでない限り足りるとおもます。
でも、万が一限度額を超えてしまった場合は、やはり自己負担になります。

そういうときのために、「免責保障制度」というものがあります。
これに加入しておくと、自己負担額が免除されます。
加入料は、借りる車によってちょっと違うみたいで、1050円の時と2100円の時がありました。
任意保険なので入っても入らなくてもいいですが、運転に慣れていない人は入っておいたほうがいいそうです。
車体をこすったりする事故はよくあるので、それの修理費を払うよりは保険料のほうが安いです。
親戚は、幸いまだ事故を起こしたことはないですが、駐車の時とかいつも急ブレーキで止まるので、スリル満点です。
運転席には毎回手汗拭きが常備されています。
レンタカー屋さんの保険の説明は丁寧なので、しっかり聞いて安心できるドライブになるといいと思います。