新車と中古車と中古車の選択

車を買おうとしたときに通常であれば新車ディーラーで新車を購入するのが一般的ですが、中には経済的な理由や新車に良い車がない、あえて昔の車を欲しいと思うなどという事から中古車を購入する方がいます。

中古車は購入価格も安く人気車であればそれなりに数もあるので選び放題となっていますが、問題は車の状態です。
どんなに優良中古車といっても結局は他人が乗った車のおさがりであるわけですから、前のオーナーがこの車をどう扱ってきたいのかが現在の中古車の状態に大きく影響してくるのです。
ましてや前のオーナーがどんな人間かわかるすべもありませんし、中古車を購入するという事はかなりのギャンブルとなるのです。

しかし、世の中に前オーナーがどういう人なのかがわかりやすい中古車というものがあります。
それが新古車とかディーラー車などといわれるもので、だいたいがディーラーの展示用の車や試乗用の車で、それが中古車市場に流れたものです。
前オーナーがディーラーであれば車をきちんと扱っているわけですし、展示車両であれば室内に入れられて、掃除も行き届いているのでまったく問題ありません。
更に走行距離もほとんど進んでいないのも大きなメリットとなることでしょう。
新車と新古車と中古車がある自動車、自分にあわせた選択をするといいでしょう。