車のナンバープレートを自分で変更

引っ越しなどで住む場所が変わって、車のナンバープレートにある地域が、「品川」から「足立」などという形で変ってしまった場合には住所の変更申請のほかにナンバーも変更しなければなりません。
この手続きは新しい住所の管轄となっている車検場に申請することによって行うのですが、少し面倒くさいこともあり、ほとんどの人はディーラーや専門の方にやってもらうことが多いと思います。
しかし、人に頼めばそれなりのお金がかかってしまうので、ここは1つ自分でやってみましょう。
書類関連は車検場の近くに必ずある代書屋で入手・作成し、後は係りの人に聞きながらことを進めていけばいいわけです。
ただ、古いナンバープレートを外すのと新しいナンバープレートを付ける作業をその場で行うこととなるので、作業ができる人間と工具が必要となります。
あと最後にリヤナンバープレートに封印を打たなければならないのですが、係員は待っていてもなかなか来ません。
そこでプロがやっているテクニック、ナンバーを取り付けたらボンネットを開けて待つこと。
それはボンネットの中にある車体番号のプレートを係員が確認するためで、ボンネットが空いていると「封印を打ってください」という事の意思表示になるのです。
それを見るとハンマーを持った係員が寄ってきます。
車の中にはエンジンルーム以外に車体番号が刻印されているものありますが、その場合でもボンネットを開けておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする