車検証の記載事項のからくり

中古車は、車の状態などを参考にして付けられた価値をもとにして、買取価格とか中古車価格などをつけるのですが、走行距離によっても価値が大きく変わってくるものとなっています。それによって過去には総走行距離を示すメーターの巻き戻しなどの不正が頻繁に行われましたが、ある一時期を境に、車検時総走行距離を車検証に記載するようにしました。
それによって車検証にある距離よりも短い総走行距離などはあり得なくなったのです。
この対策はあくまでメーター巻き戻しなどの不正を防ぐために作られたのですが、車を趣味として乗っている方が車を売るときにも有効に機能します。
車を趣味としている方は一般的な車と違って、使用した年月と総走行距離が伴いません。ほとんどの時間を車をいじったり、磨いたりすることに費やしており、車を運転する時間より何かいじっている時間のほうが長いこともあり得るのです。
通常、年間1万キロなんて言われますが5年乗っても1万キロも走らない車もあるのです。そういう車を査定に出すと、5年で1万キロなんて信じられないっという事になってしまうのです。しかし、車検証に正式な総走行距離が出ているので、メーターが示している距離に信憑性があるという事になるのですよ。

アウディ 買取相場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする