定期的に適正空気圧チェック

車のタイヤには、適正空気圧というものがあります。
タイヤの中に入っている空気の圧力の目安のことで、車種によって適性が違います。
大きな車ほど、重量がある分適正空気圧が高めです。
ほとんどの車では、フロントドアの車内側に適正空気圧はどのくらいかが書いてあります。
空気圧が基準以下になってしまうと、タイヤが微妙にたわんでしまって燃費が悪くなったり走りがぎこちなくなったりしてしまいます。
タイヤ本体ももろくなってしまうので、パンクしやすくなることもあります。
タイヤのトラブルの中では、空気圧が不適切だったことが原因になることが多いです。
見た目にはわからないので、時々自分でチェックをするようにしましょう。
車用品のお店に行くと、エアゲージなど空気圧を図る器具が売られています。
空気圧を調節できる器具などもあるので、一緒に買い揃えておくと便利だと思います。
パンクをしていなくても空気圧は次第に弱くなってくるので、早めに対策ができるように備えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする