スバル車でイメージする車種

スバルといえば、レオーネで乗用車の世界に4WDを持ち込み、レガシィでフルタイム4WDの魅力を広め、インプレッサでスポーツ走行性能を知らしめた自動車メーカーですが、ここ最近ちょっと動きが悪くなっています。
悪くなっているというか違う方向に行っているというか、特にトヨタとの付き合いが始まってからスバルが変わってきました。
それまではスバル独自に乗用車としてはレガシィーを、スポーツモデルとしてはWRCで最後まで戦ったインプレッサWRXをうまく前面に打ち出していました。
更には密かに巻き起こっているクロスオーバーSUVにうまく乗って、自慢のフルタイム4WDを搭載したモデルを販売するようになりました。ミニバンに関してはエクシーガがいまいち売れていないのですが、全体的に見ればそれなりの利益を上げていると思います。
しかし、おかしくなったのはここからで、トヨタの共同開発事業に着手し、トレジアとラクティスを販売しましたが売り上げはそれなりでした。この時点でトヨタとスバルの上下関係が始まったのです。
その後、共同開発第二弾として、久しぶりのスポーツモデルを開発するようになったのですが、面倒くさいことは全てスバルに丸投げで、トヨタは直噴技術と細かいダメ出しだけを行うようになったのです。こういった形で作られたのがトヨタの86とスバルのBRZですが、ここでもトヨタとスバルの関係はあくまでも上下関係でした。
それ以来、スバルの車の後ろにはトヨタの影がちらちらするようになりました。その1つの事実が標準型のインプレッサとスポーツモデルWRX-STIの扱いが別になったことが言えるでしょう。スバルさん、どうかトヨタに飲み込まれないようにしてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする