海外向けに作られた車

トヨタのラインナップを見ていると同じような車が売られていることに気が付きます。
特にコンパクトカークラスといわれる小型車によくみられ、プラットフォームやエンジンなど全く同じながらボディのデザインが違うだけの車というのが多いのです。
それらの車が売れているのというのであれば、当然ながら売り続けることになるのですが、街中でもほとんど見ませんし販売台数ランキングにかすりもしない車があるのです。
iQやイスト、カローラ・ルミオン、オーリスなど街中で見ることができたらラッキーだと思うぐらいほとんど走っていません。
しかし、コスト削減に躍起になっているトヨタが売れない車をどうして長年ラインナップにおいておくのか不思議だと思いませんか?
実はこれもトヨタのコスト削減策の1つであるのです。
これらの車は主に海外向けに作られた車で、デザイン的にも日本人が好むようなものではありません。
しかし、1台の車を開発するにはかなりのお金がかかるため、せっかく作った車を海外向けだけにしておくというのは非常に非合理的なのです。
そこで海外向けの車に少し手を入れて日本で発売するという事にしたのです。
要するに売れ行きが悪くてもそれなりに売れればそれでよし、というスタンスで売られているのがこの4台なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする