トヨタグループの未来予想図

トヨタは日本の中で一番利益を上げている自動車メーカーですが、このような大きな企業になるまでにはいろいろなことが行われてきました。その流れを考えれば、トヨタのこれからがわかるというものです。
トヨタグループは1998年にダイハツを子会社としました。このことは日本の自動車界のとって非常に大きな出来事となったのですが、一部の人間にはそのことを予測できていたそうです。
それは1967年に行われたトヨタとダイハツの業務提携でそのあたりからかなりトヨタとダイハツの距離が縮まっていったそうです。
ほかにもトラック部門として日野自動車を傘下に収めているのですが、その際もその数年前から業務提携を結んでいたそうです。それを現在に当てはめれば、今後トヨタグループに収められるあろう自動車メーカーが浮き彫りになります。
それがスバルです。トヨタグループはスバルの筆頭株主となっており事実上支配下にあるようなものですが、今のところ正式にトヨタグループの一員とはなっていません。
スバルとは数年前から業務提携を行っており、86に代表される共同開発車も作っています。ここまで近い存在になったという事であれば、次に来るのが子会社化です。
いつになるかはわかりませんが、このままの状態が続くようであれば、トヨタグループのスバルが登場することになるでしょう。そしてその次は、マツダかもしれません。

プリウスアルファ 値引き